2018.1.16 
 

ドコモの強引な組織防衛が何度も被害者を傷つける。謝罪要求や恨みではない。ドコモとユーザは対等のはずだが常に上から目線。陰湿な圧力。他社とは異質の、ドコモの人権への対応を検証するサイトです。アクセス最高1日2万5697人  

        

・総務省勧告書九通電第xxx号総務省  
   

どんなに規範で人権をうたってもこれが現実です。
真実は置き去りにされ、ドコモの都合がいいように事件を改ざん
バレたら開き直る。ユーザーを全く見ない企業の、ユーザーと最も近い部署のその場しのぎが支配する下、「不都合な真実」にフタをしてきたツケがこのサイトとなっています。


■ドコモの人権侵害を問う
社員が業務のストレスから、客を冒涜した行為を正当化することに終始する本社。このサイトをきっかけにドコモの倫理のあり方が問われるきっかけとなってほしい。この事件の教訓を生かし対応マニュアルの刷新の糧としてほしい。無数の応援メールから鑑みると全国で問題が多発している気がする。人権を無視した対応マニュアルは修正あってしかるべきです。

解約嫌がらせで、大勢の前でさらし者にされる屈辱。生涯を掛けて名誉は回復します!たとえ死んでもこのサイトは戦った証とします 。


 
追加の情報 ショップ運営運営業者 丸紅
 

 総務省へは「しっかり対応を継続している」と、NTTドコモは嘘の報告をしている。被害客からの問合せへの対応を拒否し続けたままである!
 やってることは外部協力者を使って「おどしをかける」ことである

未完成につき、現在見ているページ右上日付以前のデータは無効です。クレームは右上の日付以降の内容にのみお受けします。このサイトのフレームミラーサイト※、立ち上げられたスレッド等へはその管理者へ直接お問い合わせ下さい。音声はデータ軽減のため不要部分はカットしてあります。
※フレームミラーサイトとは空フレームにこのサイトをそのままリンクさせ、あたかも自分のサイトとして公開すること

■画面コピー物は簡単に修正が可能なため偽物とします(現在見えてるページ以外は偽物とします)。■登場する各企業団体等のロゴマークは各社団体の登録商標です。ロゴマークの使用禁止は連絡ボタンから連絡下さい。考慮します。サイト管理者_野村秋介_関連データ 川田茂雄_水戸誠
■登場するMXモバイリング株式会社は丸紅株式会社の携帯販売部門そしてドコモショップを運営する派遣会社です。

間違いは起こる。それに対し人権無視の対応をすれば組織の命取りになる。今は隠蔽を行っても明らかになる時代だからだ。威圧的で人権を尊重しないドコモへの問題提起でもある。今までドコモが、ドコモに不都合な問題をいかにして闇に葬ってきたのか生の記録で確認できます。ドコモは今までのような陰湿な組織防衛がもう通用しなくなったことを認識しなくてはいけない。ドコモからの反論は受けます。ドコモのこのような卑劣な対応ではなく、求めているのは誠意です。

■戦いの基本
1_一連の脅迫には動じない
2_法律を犯さない 
3_問題の本質を徹底的に追求解明する(Equityの面においても検証する


度がすぎたドコモの解約阻止行為。これは営業方針と社員教育の問題であり、店長と副店長の謝罪で収拾していたが、本社が事件を改ざん。