ドコモ事件-10-1
 

NTTドコモが総務省から是正勧告(九通電第●●●号)

   本  ● 警察の苦言は当たり前と部長は自虐的(公開通話通り)

   社  ● でっち上げを問題にする事が問題だと、圧力をかける

   の  ● 改ざんは「内部事情で組織的に出した結論」と訂正しない!(複数部署名を上げて説明=会話記録有)

   対  ● 表を歩くと「あいつは犯罪者だ」と指さすやつはいないはず。濡れ衣の実害は無い。(永田部長)

   応  (下記は永田部長の恫喝。ドコモ本社の本音と思われる。通話公開も検討中)

      ● サイトを閉めろ。手持ちの個人情報を徹底調査して、連絡無しでいきなり自宅へ行くぞ。家族に話す。家族はどう思うかな・ねえ
      ● 相談者を電話口で面と向かって「こいつ」と呼んでしまう本音(会話公開中)

問 題 の 実 態

社員本人と、上司の謝罪で即日収拾していたが

問 題 の 本 質

ドコモは、警察決定に従う義務はないと明言
ドコモは、非は百も承知。永田部長は、客が何かやったとは誰も思っていない、だから客に実害はないと開き直る
ドコモは、対応がすざましく横柄(会話公開中)下記を実質2分でやるには「いそがしすぎる!」

 当 初 カウンターに進入したことにした  監視カメラ確認で、すぐばれるウソを平気でつく
 罪追加 人の書類をのぞき見たことにした  書類も、見る機会もない。第一、見て何になる(監視カメラの通り)
 罪追加 居座ったことにした  理由も、時間もない。第一、居座って何になる(監視カメラの通り)
 罪追加 他の客に危害を加える可能性があった  破折されると証明できない内容「悪魔の証明」に巧妙にすり替えてゆく
 質問に 部長は「え〜!」と絶句  受付が、受付番号を発行しなかったことを知らなかった
 返 答 振切ったから受付番号を渡せなかった  おかしな話だが、本人が「そう言ってるので」と部長の苦しい弁解